シワ・クマ用新レチノイン酸療法[詳細]

当院独自のシワ・クマ用新レチノイン酸療法とは、ビタミンAの化合物であるレチノイン酸(=トレチノイン)クリームと美容点滴・内服薬・処方化粧品を組み合わせ、角質を剥離して表皮基底細胞の分裂を促進し、表皮にたまったメラニン色素を皮膚表面に押し出すと共にメラニンの産生を抑制して色素沈着によるクマを改善したり、真皮のコラーゲンを増やしてたるみによるクマやシワを改善する治療法です。今までこすらないようにするしかないと言われていた目の周りの色素沈着や、注射治療が怖いという方のたるみによるクマやシワの治療法で、続けるとリフトアップ効果もあります。

美容クリニックでのたるみ治療はレーザーが全盛期ですが、それは治療する医師にとって面倒でなく(看護師が施術するところも多い)、高い治療費が取れるからという理由も多く、レーザーメーカーの宣伝による影響も大きいようです。レーザーは出力のコントロールを上手くしないと火傷や炎症を起こすリスクもありますし、組織を変性させて修復を期待する方法ですので、炎症後色素沈着や瘢痕を起こしやすい東洋人には白人ほどは向きません。

また効果が高いとされるものはダウンタイムが長く、ダウンタイムの短いものはほとんど効果が分かりません。学会発表の症例写真からはダウンタイムの長いレーザー治療よりは当院の注射治療、短いものよりは当院の新レチノイン酸療法・CDトレチノイン療法の方が効果があると思われます。それらの理由から、安全で確実な治療を行う事をコンセプトとしている当院では、色素沈着によるクマと注射治療ができない方のシワ・たるみ治療にはレーザーよりも新レチノイン酸療法を選択しています。

他院のレチノイン酸療法との違い

レチノイン酸クリームは美容皮膚科ならどこでも扱っていますが、他院では処方しっぱなしの事がほとんどですので、あまり効果が出なかったりトラブルがあったという方も多くおられます。また、従来のレチノイン酸は刺激が強くかさつきが出やすいため、シワやクマの治療にレチノイン酸を使っているクリニックはほとんどないようです。

当院では従来のレチノイン酸より刺激が少なく、効果は同等以上であるCDトレチノイン(シクロデキストリン=環状オリゴ糖でトレチノインを半分包んでトレチノインを安定化し、刺激を少なくしたもの)をレチノイン酸クリームに使用している上、美容点滴・内服薬・処方化粧品と組み合わせて必ず通院していただき、こまめに濃度を調節して症状に合わせた塗り方の指導を丁寧に行いますので、シワやクマの治療にもレチノイン酸が使えるようになりました。シワ・クマ用新レチノイン酸療法を続けられると、シワやクマが改善するだけでなく、お肌全体が綺麗になって満足される方が多いのも特徴です。

治療法の解説

レチノイン酸療法は、濃いシミを早く薄くするには非常に効果的な治療法ですが、従来のレチノイン酸は刺激があるためお肌の弱い方は荒れてしまう事が多く、かさつきが出やすいためシワやクマには使いにくい治療法でした。新レチノイン酸療法は刺激が少なく効果の高いCDレチノイン酸クリームの使用でそのリスクを軽減し、美容点滴・内服薬・処方化粧品と組み合わせて必ず通院していただき、こまめにクリームの濃度を調節して症状に合わせた塗り方の指導を丁寧に行う事で、シワやクマにも効果が出るようにした治療法です。

色素沈着によるクマを薄くするには、メラニンを表面に押し出す(排出する)ことと、メラニンの産生を抑制することが重要ですので、当院では、メラニンの排出に優れたCDレチノイン酸クリームにメラニンの産生を抑制するハイドロキノンやVC-IP(超吸収性ビタミンC)原液の塗布・シミ用ビタミン剤の内服と、メラニンの排出・生成抑制両方の効果を持つ美容点滴やプラセンタ原液の塗布を組み合わせています。たるみによるクマやシワに対しては、真皮のコラーゲンを増やす事が重要ですので、当院ではCDレチノイン酸クリームにコラーゲンやヒアルロン酸を増やす美容点滴とプラセンタ原液・VC-IP原液・FGF(線維芽細胞増殖因子)配合のQ10リンクルジェルの塗布を組み合わせています。

新レチノイン酸療法は必ず通院していただき、症状に合わせて塗り方をこまめに濃度を調節する事が治療の成功のコツですので、CDレチノイン酸クリームに診察と点滴・内服薬・処方化粧品をセットにしておりますが、2014年10月より続けていただきやすくするために、点滴と内服のセットや併用していただく処方化粧品をお手頃価格といたしました(料金表Aコース)。また最近はシワ・クマ治療を希望される男性の患者様も多いのですが、いろいろ塗るのが大変という方も多いため、化粧品を減らして点滴をグレードアップした男性向けの新レチノイン酸療法(料金表Bコース)も考案いたしました。

ご来院時は、ノーメイクでの診察とプラセンタ点滴(プラセンタに抵抗がある方にはビタミン点滴をご用意しています)を受けていただきます。プラセンタ点滴は若返りや疲労回復にも効果があります。またホームケアとして1日1回夜、CDレチノイン酸クリームとQ10リンクルジェル(色素沈着によるクマの場合はナノ美白クリーム、Aコースの方は+プラセンタ原液・VC-IP原液)をお使いいただきます。(朝は日焼け止めをお使いください。)

全く変化がなければクリームを塗る回数を増やすかCDレチノイン酸クリームの濃度を上げ、赤くなったりヒリヒリしたり、痒くなりかけたらクリームを塗る回数を減らして調節すると、個人差はありますが通常2ヶ月前後で症状が改善してきます。効果の出方は個人差がありますので、最初の2ヶ月分(診察・点滴・内服5回セット)は半額でお試しいただけます。2ヶ月後の効果の出方を見て、続けるかどうかをお決めください。新レチノイン酸療法は8週間が1クールです。

8週間以上CDレチノイン酸クリームを塗り続けると慣れて効果が落ちますので、8週間続けても症状が残った場合は、CDレチノイン酸クリームは4週間休んでから再開していただきます。CDレチノイン酸クリーム使用中に日焼けをすると症状が悪化する事がありますので、直射日光は避け、屋内にいる時でも窓がある場合は必ず日焼け止めを塗ってください。使用を中止した後も再発防止のため日焼けは避け、CDレチノイン酸クリーム以外の処方化粧品は8週間以上使用してください。点滴や内服薬も続けると効果的です。

症例数

レチノイン酸療法 2002年12月 ~ 2010年5月 218人
新レチノイン酸療法 2009年8月 ~ 2017年12月1日 399人

新レチノイン酸モニター試験結果(写真)

右:新レチ/左:旧レチ

リフトアップ

右:新レチ/左:旧レチ

クマ・笑いジワの減少

治療当日の流れ

診察・・・

個室にご案内し、メイクをしている方・色つきの日焼け止めを塗られている方は正確な診断のために必ず洗顔をしていただきます。お肌が乾燥しやすい方は化粧水のみつけてお待ちください。院長が診察をさせていただいた後、CDレチノイン酸クリームの塗り方をアドバイスし、カルテに残すために写真を撮らせていただきます。

点滴・・・

点滴の所要時間は15~20分ですが、お急ぎの場合は5分ほどで済む静脈内注射に変更する事も可能です。お化粧直しをされる方はメイク道具をお持ちください。点滴終了後、混雑時はリカバリールームでお化粧直しをしていただく場合もございますのでご了承ください。

治療終了後の診察について

当院は安全で確実に効果を出せる治療法を開発し、皆様に提供するための研究機関であると共に、一人一人に最適の治療を受けていただけるクリニックでありたいと考えています。治療効果の出方には必ず個人差がありますので、効果を確認して最適の治療をお勧めするため、治療終了後は通常2週間後に診察にお越しいただいております。

診察時は正確な診断のためにメイクを落としていただきますので、メイク道具をお持ちいただけますようお願いいたします。なお、各治療費は治療後の診察料込みの価格とみなしておりますので、治療後の診察の際は再診料は不要です。ただし治療後の診察にお越しいただけなかった場合は診察料の返金はできかねますのでご了承ください。 

※治療後の診察にお越しいただき、メイクを落としてカルテに残すための写真撮影をさせていただいた方には、化粧品のサンプルをプレゼントいたします。

治療のポイント

治療時間 診察から治療終了まで約30分(点滴を静脈内注射に変更した場合は10~15分)です。(メイク直しを含んでいない時間)
注意点

1. 新レチノイン酸療法は安全で確実に効果を出すため、2週に一度は必ず診察にお越しください。(遠方の方は毎週鮮明なお写真をメールに添付してお送り頂けるのであれば遠隔地治療も可能です。)


2. 使用方法は医師の指示を守ってください。赤くなったりヒリヒリする場合や痒くなりかけた場合は、続けて使っているとかぶれたり赤く腫れ上がることがありますので、使用回数を減らして診察にお越しください。痛くなく乾燥が酷くない程度が適切な濃度ですので、状態に合わせて使用回数を調節してください。


3. 洗顔時にポロポロと皮が剥けることがありますが、無理にはがさないようにしてください。


4. 化粧水や乳液を使われる場合はCDレチノイン酸クリームは一番最後に塗ってください。(先に塗ると広がって他の部位まで赤くなってしまうことがあります。)日焼け止めやメイクはCDレチノイン酸クリームが乾いてから塗ってください。


5. 新レチノイン酸治療部位は炎症を起こすことがありますので日焼けは禁物です。昼間は屋内にいる時も窓がある場合は日焼け止めを必ず塗り、外出時は帽子や日傘などで直射日光を避けてください。


6. 妊娠の可能性のある方は念のためご使用をお避けください。


7. Q10リンクルジェル・プラセンタ原液・ナノ美白クリームは冷蔵庫で保存してください。

料金

Aコース:CDレチノイン酸クリームとQ10リンクルジェル(色素沈着によるクマの場合はナノ美白クリーム)・プラセンタ原液・VC-IP原液・日焼け止めを併用していただきます。

診察+美容点滴(5000円相当)+内服薬(ビタミン剤セット=4週分 3000円)
5回セット(診察・点滴5回分・内服4週間分)(2ヶ月以内)  28,000円→25,000円
追加2回セット(診察・点滴2回分・内服4週間分) 13,000円→11,000円
追加1回(診察・点滴・内服2週間分) 6,500円→6,000円

Bコース(男性向け):CDレチノイン酸クリームとQ10リンクルジェル(色素沈着によるクマの場合はナノ美白クリーム)・日焼け止めを併用していただきます

診察+美容点滴(8000円相当)+内服薬(ビタミン剤セット=4週分 3000円)
5回セット(診察・点滴5回分・内服4週間分)(2ヶ月以内)  43,000円→38,000円
追加2回セット(診察・点滴2回分・内服4週間分) 19,000円→16,000円
追加1回(診察・点滴・内服2週間分) 9,500円→8,500円

※ 新レチノイン酸療法は必ず通院していただいて診察を行い、クリームの濃度と塗り方をこまめに調節する事が安全で確実に効果を出すために必要ですので、診察と効果的な点滴・内服薬がセットになっており、2週間に1回ご来院いただきます。必ずご来院いただくために診察・点滴・内服セットの料金は前払いとさせていただいており、途中で挫折されたり、来院できなかった方の返金及び契約期間以降の未消化分の再開はいたしませんのでご了承くださいませ。

 

※ 上記の料金以外に化粧品代が必要となります。
Aコース:CDレチノイン酸クリーム・Q10リンクルジェル(色素沈着によるクマの場合はナノ美白クリーム)・プラセンタ原液・VC-IP原液・日焼け止め
Bコース(男性向け):CDレチノイン酸クリーム・Q10リンクルジェル(色素沈着によるクマの場合はナノ美白クリーム)・日焼け止め
   (初診時は処方化粧品代金の合計が上記の診察・点滴・内服のセット料金に追加となり、化粧品はなくなれば買い足していただきます。)

処方化粧品 サンプル(初回のみ)
CDレチノイン酸クリーム 4,000円 2,000円(初回半額)
ナノ美白クリーム 4,000円→ 3000円  
プラセンタ原液 5,000円→ 4000円 1,000円
VC-IP原液 7,000円→ 5000円 1,500円
Q10リンクルジェル 10,000円→ 7000円 2,500円
日焼け止め サンプル
Neige de U 3,675円 500円
UVイデアXL 3,570円 500円
アンテリオスXL 3,780円 500円

※新レチノイン酸療法を受けていただく方は以下の化粧品セットを割引価格でお買い求めいただけます。

CDトレチノイン・新レチノイン酸療法 限定 処方化粧品割引セット  
プラセンタ原液+VC-IP原液
+基礎化粧品(洗顔料・化粧水・美容液・日焼け止め)
25,230円→18,000円
Q10リンクルジェル+VC-IP原液+プラセンタ原液
+基礎化粧品(洗顔料・化粧水・美容液・日焼け止め)
35,230円→25,000円
WEB予約