新レチノイン酸療法~遠隔地治療~[概要]

遠隔地治療・新レチノイン酸療法とは?

ビタミンAの化合物である新レチノイン酸を塗る事で、角質を剥離して表皮基底細胞の分裂を促進し、表皮にたまったメラニン色素を皮膚表面に押し出してシミを改善したり、真皮のコラーゲンを増やしてシワやクマを改善する新レチノイン酸療法を、遠隔地の方のために通院せずに写真診断で受けられるようにしました。

新レチノイン酸は従来のレチノイン酸より刺激が少なく、効果は同等以上です。また、シミだけではなくシワやクマにも使えるのが大きな特徴です。

・部分的な濃いシミ
・レーザーでかえって濃くなる「肝斑」
・目の周りのシワやクマ

上記の症状に効果的で、リフトアップも期待できます。

シミを薄くするには、メラニンを表面に押し出す(排出する)事と、メラニンの産生を抑制する事が重要です。

柴田美容皮膚科クリニックでは、新レチノイン酸にメラニンの産生を抑制するVC-IP(超吸収性ビタミンC)・ハイドロキノンの塗布と、メラニンの排出・生成抑制、両方の効果を持つプラセンタ原液の塗布と内服薬を組み合わせた方法で、シミを改善します。

クマやシワに対しても、コラーゲンやヒアルロン酸を増やす内服薬とプラセンタ原液・FGF(線維芽細胞増殖因子)配合のQ10リンクルジェルの塗布を組み合わせ、短期間で効果を出していきます。

処方化粧品内服薬を効果的に組み合わせますので、レチノイン酸クリームを自宅で塗るだけの方法よりも更に効果的です。

お肌全体も白く綺麗になり、レーザーよりも安全で再発が少ないのがメリットです。

 

新レチノイン酸療法の手順


濃いシミやシワ・クマに効果的な治療法ですが、リスクも高くなりますので、以下のガイドラインに沿って治療をお受けいただきます。

必要な物

・問診票
・遠隔地治療誓約書
・新レチノイン酸療法の誓約書
・処方化粧品誓約書
・ラエンネックP.O.同意書
・保険証または免許証のコピー(ご本人確認のため)
・鮮明な写真(毎週)
★診察料(初診料2,500円、写真診断:再診料4週間分6,000円)・化粧品代・内服薬代が別途必要です。

ガイドライン


①記入していただいた書類と保険証または免許証のコピーと共に、鮮明な写真をお送りください(写真は必ずノーメイクの状態でお撮りいただきます。お顔全体の正面と左右斜め・気になる部分の拡大写真をお願いします)。
②お電話かメールでご本人確認をさせていただき、症状やお肌の状態などを詳しくお聞きします(初回はなるべくクリニックまで診察にお越しいただいた方が、正確な診断ができますので来院をお願いしております。どうしても来院が難しい場合は、お電話にて対応させていただきます)。
③新レチノイン酸療法が適していれば、新レチノイン酸クリーム・シミ用またはシワ・クマ用処方化粧品・1ヶ月分の内服薬と塗り方の指示を送らせていただきます(化粧品代・内服薬代21,750円と初診料2,500円、4週間分の再診料6,000円を代金引換にてお支払いいただきます)。
毎週鮮明な写真お肌の状況の報告をお送りいただき、経過を診ます。
⑤写真診断に従って塗り方の指示を送らせていただきます。指示に従ってクリームの塗り方を調節してください(指示に従っていただかないと炎症を起こす事があり、リスクが高まりますのでご注意ください)。
⑥1ヶ月後、継続される方は2ヶ月目の再診料4週間分6,000円をお支払いいただきます。

化粧品・内服薬はなくなる2~3日前にご連絡いただければ代金引換にて送ります。

※6ヶ月以上あいた場合、再度問診票と各種誓約書、診察料2.000円が必要となります。

申し込み

遠隔地治療の新レチノイン酸療法をご希望の方は ガイドラインをお読みのうえ、下記の手順にてお申し込みください。

「遠隔治療用問診票」 を送信、各種誓約書の送付
② 写真を添付してinfo@slca-kobe.jpにメール
③ 問診票と各種誓約書、写真到着
④医師による診断と処方
WEB予約