メソセラピー(脂肪溶解注射)[詳細]

メソセラピー(脂肪溶解注射)とは・・・ 

メソセラピー(脂肪溶解注射)とは脂肪を代謝しやすくする薬剤を皮下脂肪に注射し、皮下脂肪を減少させる治療です。「切らずに脂肪を減らす」「目の下や頬・あごの脂肪によるたるみをスッキリ改善できる」という大きな特徴があります。
従来のメソセラピーは(個人差はありますが)目の下・頬では注射後の腫れが目立ち、1-2週間続く場合もありましたが、2013年6月にメニュー化した新メソセラピーでは従来のものより腫れが少なくなりました。

治療法の解説

脂肪溶解注射は、脂肪細胞の外に脂肪を出しやすくする大豆レシチン由来の薬剤を、細い針で体内に注入する技術です。今までは改善が難しかった老け顔の原因となる「目の下の脂肪によるたるみ」や「あご・頬・フェイスラインの脂肪によるたるみ」の改善にも効果的です。
当院では2005年、50名以上の方にご協力いただいてモニター試験を実施し、1年近く研究を続けてデータを出し、確実に効果の上がる治療方法を確立した後、メソセラピーをメニュー化いたしました。 その後もデータを取り続け、改良を加えてさらに効果の上がる方法を確立しています。さらに2013年6月、「ダウンタイムを軽減して欲しい」という皆様のご要望にお答えして、腫れを軽減し、効果もアップした新メソセラピーをメニュー化しました。

お勧めの併用療法

注入後は、細胞の外に出た脂肪を効率よく代謝することが必要ですので、注射部位をよくマッサージし、運動をしたり代謝を良くする点滴やサプリメントの摂取をすると効果的です。モニター試験で劇的に効果が現れた方はほとんどが当初からプラセンタ点滴やダイエットサプリメントを併用されており、それらを併用されてから効果が出始めた方もおられ、メソセラピーには代謝を良くするプラセンタ点滴やプラセンタの内服薬、ダイエットサプリメントを併用すると効果的であることが実証されています。目の下のたるみはエセリスカクテル・オーダーメイドエセリスカクテル注射を併用されると大変効果があります。頬のたるみはリフトアップカクテルを併用されると効果的です。

BMI(体重÷身長2)=20以上の方の二重あごなどで脂肪の多い場合は、痩せる(摂取カロリーを減らす=食事を減らすか消費カロリーを増やす=運動するか代謝を良くする)努力をしなければ効果は半減しますので、痩身指導(1回3,000円、点滴とセットの場合は2,000円引き)を受けていただきます。(痩身指導では目標体重と1日の目標摂取カロリーを設定し、メニュー表をつけてカロリーを計算していただき、食事を減らしていただきます。参考までに、体型が綺麗に見える「美容体重」はBMI=19です。)

症例数

2006年4月 ~ 2017年2月5日 180人

症例写真

体重は0.3kgしか減っていないのに、憧れの小顔に! 左の新メソセラピーの方が腫れが少なく、効果もありました。

K様 注入前

「目の下のたるみが気になって、毎日目の下ばかり見てました」

エセリスカクテル1本・メソセラピー2本注入2週後

「たるみが気にならなくなって若返った感じがし、毎日明るく暮らせるようになってとても嬉しいです!」

モニター症例写真

(フェイスライン)

今回の「小顔大賞」はなんと言ってもモニターのY様(29歳)でしょう。体重は変わられてないのですが、2回の注入でぽっちゃりあごが見事にスッキリし、正面から見ても驚くほど小顔になられました。

50歳女性。プラセンタ点滴を9回併用され、体重は変わられていませんが2回注入後のフェイスラインは写真のごとくスッキリ! 皆に「顔が痩せて綺麗になったね」と言われるそうです。 

(「あご」と「頬」)

60歳女性。たるみは見事になくなり、3年前より若返ったと会社でも注目の的だとか。ダイエット用点滴を10回とダイエット用サプリメントを併用されました。

46歳女性。プラセンタ点滴を8回併用されました。体重は変わられていませんが、頬はスッキリし、「久しぶりにあごがとがった!」と喜ばれています。

(目の下)

写真上は院長の知人Hさん。1回の注入で目の下のたるみがスッキリ取れてしまいました。他の部分に比べると脂肪が少なかったからでしょうか。写真下は57歳女性。目の下のたるみをずっと気にされており、ボトックスやヒアルロン酸注入なども試されましたが、メソセラピーが一番満足されたご様子でした。

モニターの方の感想

治療当日の流れ

治療当日の診察・・・

診察室(個室)で本日の体調などをお聞かせいただき、ご相談しながら注入剤の量・部位を決定いたします。カルテに保存するための写真を撮らせていただきます。(必要な場合はお化粧落とし・体重測定をしていただきます。)

麻酔・・・

注入時の痛みは少なく、麻酔は必要ありません。

治療・・・

リクライニング式のベッドを起こした状態にして、ゆったりもたれて座っていただき、気になられている部分に注射していきます。一部位に数ヶ所ずつ極細の針で注入していきます。

終了後・・・

感染を防ぐ為に注入部には治療後4時間触れないでください。基礎化粧水や日焼け止めもお塗りいただけません。

治療終了後の診察について

当院は安全で確実に効果を出せる治療法を開発し、皆様に提供するための研究機関であると共に、一人一人に最適の治療を受けていただけるクリニックでありたいと考えています。治療効果の出方には必ず個人差がありますので、効果を確認して最適の治療をお勧めするため、治療終了後は通常2週間後に診察にお越しいただいております。診察時は正確な診断のためにメイクを落としていただきますので、メイク道具をお持ちいただけますようお願いいたします。

なお、各治療費は治療後の診察料込みの価格とみなしておりますので、治療後の診察の際は再診料は不要です。ただし治療後の診察にお越しいただけなかった場合は診察料の返金はできかねますのでご了承ください。

 

※治療後の診察にお越しいただき、メイクを落としてカルテに残すための写真撮影をさせていただいた方には、化粧品のサンプルをプレゼントいたします。

治療のポイント

治療時間診察~治療終了まで約40分程度です。
痛み注入時の痛みは少なく、麻酔は必要ありません。注射後数分から数時間じんじん痛んだり、軽い筋肉痛や打撲のような痛みが1週間前後続くことがありますが、徐々に引いてきます。
腫れ目の下は腫れやすく、頬の腫れも4-5日続くことがありますが、新メソセラピーは従来のものほど目立たず、徐々に引いてきます。あごの腫れは目の下や頬より目立ちません。  
赤み・針あと通常数時間で引いてきます。  
内出血稀に内出血を起こす事がありますが、翌日からメイクで隠して頂けます。医療用のコンシーラー(2500円)もご用意しております。内出血を起こしてしまった場合は当日の飲酒は避けてください。 
ご帰宅の際腫れが気になられる方は、帽子やメガネなどをご持参下さい。滅菌マスクは無料でご用意しております。 メイクは翌日からにしてください。
入浴・洗顔感染を避けるため注入後4時間は洗顔・入浴は避け、注入部を触らないようにしてください。
夜のお手入れ治療後4時間以降はいつもどおりにお手入れしていただけます。
翌日からいつもどおりのお手入れ・メイクが可能です。
食事・運動脂肪を減らすには摂取カロリーを減らす(=食事を減らす)か消費カロリーを増やす(=代謝を上げるか運動をする)必要があります。通常は消費カロリーは増えにくいものなので、太りぎみの方は食事を減らさないでいると、メソセラピーで一時的に脂肪が減っても、カロリーが過剰なため、時間が経つとまた脂肪がついて戻ってしまうことになります。BMI(体重÷身長2)=20以上の方の二重あごなどで脂肪の多い場合は、痩せる努力をしなければ効果は半減しますので、別途痩身指導を受けていただきます。
副作用アレルギー体質の方が大量に注入されると、稀に湿疹が出ることがあります。ごく稀に小さなしこりが皮下に触れることがありますが、数か月で徐々に引いてきます。
禁忌事項金属・局所麻酔・薬剤に大豆アレルギーのある方、肝炎・感染症・心臓病・腎臓病・糖尿病・重症の高血圧の方、抗凝固剤(血を固まりにくくするお薬)や抗鬱薬・抗てんかん薬などの抗精神薬を飲まれている方、妊娠中・授乳中の方はお受けできません。

料金

顔用新メソセラピー(脂肪溶解注射) 料金一覧 (脂肪溶解注射が初めての方は初回1部位半額)
血液検査3,000円
目の下・頬・あご・フェイスライン(1部位)1回 60,000円
キャンペーン 35,000円
痩身指導 (2週間分) *BMI20以上の方のみ1回 3,000円
(点滴と併用で2000円引き)
WEB予約