ボトックス療法[詳細]

治療法の解説

・シワ用ボトックス

ボトックスは表情筋を動かしにくくしますので、額や眉間・目や口周りなどの表情ジワに非常に有効です。

しかし効果の出方には個人差があり、注入する部位や量の微妙な違いで

・眉がつる
・瞼が重くなる
・笑い方が不自然になる

などの副作用が出る事もあります。

シワを改善したら今度は別のシワやたるみが目立つ場合もあり、医師の経験と技術が求められる治療法です。

柴田美容皮膚科クリニックでは、シワ用ボトックスは初回少なめに注入し、足りなければ無料で追加する方法を取っていますので、効き過ぎる事はほとんどなく、万が一眉がつったり非対称になったりした場合でもすぐに修正できますので安心です。院長が注入量や注入部位を一人一人の症状や仕上がりの好みに合わせますので、他院で副作用が出て困った方でも綺麗な仕上りに満足されています。注入時には注入部位にマーキングをして写真撮影をし、2週間後の診察時にも写真撮影をして記録を残しますので、その方の効き方の特徴も把握でき、2回目以降の注入時にはさらに細かい調節も可能です。

また、他院ではあまり行っていない

・目の下の笑いジワ
・鼻の横ジワや縦ジワ
・マリオネットライン・あご・唇の上のシワ

を改善するボトックス療法も行っています。これらも技術を要する治療ですが、柴田美容皮膚科クリニックでは、こちらの治療も得意としています。

注入したボトックスは6ヶ月前後で効果が切れてきます。

表情ジワは皮膚のコラーゲンやヒアルロン酸が減ったところに表情筋の力が加わって生じます。表情筋でシワを毎日寄せていると、その部分のコラーゲンやヒアルロン酸が減りやすくなり、表情を作らない時もシワが型となり残るようになりますので、ボトックスで表情筋を緩め、ボトックスが効いている間にカクテル注射やPRP、プラセンタ点滴で皮膚のコラーゲンやヒアルロン酸を増やす方法が、表情ジワには最もお勧めしたい治療法です。

シワ用ボトックス以外のボトックス療法について説明いたします。

 

アイリフト・ボトックス

アイリフト・ボトックスは、ボトックスを注入する事によって表情筋のバランスを変え、眉を下げる筋肉を緩める事で、たるんだ瞼や眉の外側を引き上げて若々しくする治療です。注射の部位や薬剤の量の調節が難しいため、神戸では当院でしか受けられません。

アイリフト・ボトックスが効いている間にカクテル注射やPRP、プラセンタ点滴で瞼にハリを出すと、さらに若々しさが保てます。

 

ボトックスリフト

ボトックスリフトは、顔の下方向に皮膚を引っ張る筋肉の力を緩め、フェイスラインのリフトアップ効果を図る治療法です。

たるみは、ハリが減った皮膚を重力や表情筋で下に引っ張るために生じます。

ボトックスリフトでフェイスラインを下に引っ張る筋肉を緩め、カクテル注射やPRP、プラセンタ点滴で皮膚のコラーゲンやヒアルロン酸を増やすという方法が、頬やフェイスラインのたるみを改善するためには最も有効な治療法です。

頬に脂肪が多い場合は、脂肪を減らして皮膚を引き締める新輪郭注射・プレミアムも併用するとさらに有効です。

 

えらボトックス


えらボトックスは、えらの部分の筋肉にボトックスを注入し、筋肉を痩せさせて小顔にする治療です。

柴田美容皮膚科クリニックでは、えらの筋肉量からボトックス注入量を計算し、一人ひとりに合った注入を行います。

えらの筋肉が張っている方は、ボトックス注入で1ヶ月後くらいから徐々に効果が出て、ほっそりとした小顔になる事ができます。

注入して約1週間後から噛む力が入りにくくなる事があります。長く話すと疲れたり、まれに唾液が出にくくなる事もありますが、徐々におさまります。

えらの前に脂肪が多い場合は、脂肪を減らして皮膚を引き締める新輪郭注射・プレミアムを併用するとさらなる小顔が実現できます。

 

脇汗ボトックス


ボトックスは一時的に神経から出る信号を遮断し、汗や皮脂の分泌を抑える事もできます。多汗症、緊張性多汗の方には、ボトックスが有効です。

しかし、重度のワキガの場合、あまり効果は期待できません。軽度のワキガや、精神性多汗症合併の方は効果が見込めます。

脇汗ボトックスの効果は通常1~2週間で出て、4~9ヶ月持続します(1年以上、効果が持続する方もおられます)。

脇汗に対しては大量のボトックスを使用するクリニックも多いのですが、あまり大量のボトックスを使用すると抗体ができやすく、ボトックスが効かなくなってしまう事があるのでお勧めではありません。当院では、モニター試験で発汗テストを行い、発汗量に対するボトックスの適量を把握しておりますので、その方に合った適量のボトックスを注入する事ができます。

多汗症に対するボトックスの副作用はほぼありませんが、ごくまれに腕の倦怠感、脇の不快感が生じると言われています。通常1~2ヶ月で軽減し、ボトックスの効果が切れると共に消えていきます。

 

毛穴ボトックス


毛穴ボトックスは、皮膚の浅いところに注入する事で、発汗や皮脂の分泌を抑えて開いた毛穴を改善する治療法で、化粧崩れテカリの改善にも効果的です。

当院でのお試し企画のアンケートを基に統計を取ると、毛穴ボトックスは化粧崩れの改善には約90%、お肌のハリと毛穴の改善・テカリの減少には約70%の方が満足されました。その他にもニキビやニキビ跡の改善効果が見られました。注射時の痛みが少し強いですが、腫れや赤みなどのダウンタイムは非常に少ない治療です。
副作用としては、軽度の頭痛とこわばりがみられました。しかし、頭痛は2日、こわばりは1日で消失しています。(詳しい統計結果はこちら)

 




プラセンタ点滴や
、アレルギーのない方はCDトレチノインクリームを併用するとさらに効果的です。

 

薬剤の種類と価格について


ボトックスは一般名ではなく、米国アラガン社のボツリヌス菌製剤の商品名です。シワの治療薬として2002年に米国FDA(米国の厚生労働省)で承認されましたが、日本でも2009年に「ボトックスビスタ」として眉間のシワに対して厚生労働省が認可しました。

ボツリヌス毒素製剤には、ボトックスの他いろいろな商品名のものがあり、韓国製のニューロノックスやリジェノックスなどが一般的に使用されています。

当院でボトックスビスタとニューロノックスの比較統計を取ったところ、ボトックスビスタの方が効果発現時期は早く、効果持続期間は長い事、副作用の程度と発現率が低く、患者様の満足度も高い事が判りました。(詳しい統計結果はこちら)

 

 

また、ボトックス以外のボツリヌス毒素製剤の方が一般的に低価格ですが、柴田美容皮膚科クリニックでは、ボトックスビスタの低価格化を実現しました。

使用薬はボトックスビスタだけ

 

柴田美容皮膚科クリニックでは、効果と安全性が高く、輸送管理が確実で効果のばらつきが少ない厚生労働省認可ボトックスビスタのみを採用しています。

ボトックスビスタの注入には、医師免許の他に使用資格が必要です。柴田美容皮膚科クリニックの院長はボトックスビスタの使用資格を取得していますのでご安心ください。

 

お勧めの併用療法

眉間・額・目や口周りのシワ → シワ用ボトックス + カクテル注射、PRP、プラセンタ点滴
上瞼のたるみ → アイリフト・ボトックス + カクテル注射、PRP、プラセンタ点滴
フェイスラインのたるみ → ボトックスリフト + カクテル注射、PRP、プラセンタ点滴
頬に脂肪が多い場合 → ボトックスリフト + 新輪郭注射・プレミアム
小顔 → えらボトックス + 新輪郭注射・プレミアム

 

症例数

2003年6月 ~ 2018年5月11日 3057人

 

症例写真・効果統計のグラフ


当院ホームページの症例写真は、掲載の許可をいただいた方々のみ、術前術後の写真を提示しております。通常の施術でも写真をお撮りしますが、術前後の比較の為であり、個人情報として厳重に管理しておりますので、許可なくホームページ・雑誌等に使用することはございません。

尚、症例写真に大きさや形を変える画像処理等の加工・修正は一切行っておりません。 また、このページに掲載されている写真画像の無断転載引用借用等は堅く禁止いたします。

 

シワ用ボトックス

目尻・目の下の皮下に注射した例

注入前

3週間後

注入前

3週間後

注入前

3週間後

注入前

3週間後

額・目の下の皮下に注射した例

注入前

3日後

3週間後

額の筋肉に注射した例

注入前

2週間後

注入前

2週間後

再注入後

3ヵ月後

眉間の筋肉に注射した例

注入前

翌日

1週間後(※)
※眉間にシワをよせようとしている

アイリフト・ボトックス

N様(37歳) アイリフトボトックス注入前

注入後

T様 47歳

ボトックスリフト

N様(57歳) ボトックスリフト注入前

注入後 2週間

<ボトックスリフト効果統計>

口周りボトックス

<口周りボトックス効果統計>

えらボトックス

脇汗ボトックス

治療当日の流れ


初診の際に効果や副作用などについて詳しく説明し、血液検査を行って基本的には検査結果に問題がなければ治療を行います。

初診当日に治療をご希望の場合は、事前にその旨お伝えください。また、問診票は必ず事前に方ムページから入力、送信いただいた上、当日院長にご相談ください。

当日ご持参いただきたいもの

治療後当日はお化粧ができませんので

・帽子
・メガネやサングラス

などをご持参ください。

 

①洗顔


診察室(個室)にて洗顔していただき、メイクを落としていただきます。

②診察


当日の体調などを確認し、表情を作った時と作らない時の写真を、正面・左右斜めなど何方向からか撮らせていただきます。

鏡を見ていただき、眉が上がった方がいいのか、上がらない方がいいのか、よく効く方がいいのか、効き過ぎない方がいいのかなど、仕上がりの好みについてもお聞きして、注入方法や注入部位・注入量を検討します。

注入部位にマーキングをし、再度写真を撮らせていただきます。

③治療


当日の治療は、診察後院長が注入量の計算をしますので、お待ちいただく場合がございます。また診察の結果、当日の治療を行えない場合もありますので、ご了承ください。

初診当日に治療を行った場合でも、検査の結果重篤な疾患が見つかった場合、その後の治療が行えない場合もありますのでご了承ください。

④麻酔


極細針を使用しますので痛みは少なく、基本的には麻酔は必要ありません。

⑤施術


消毒後、マーキングした部位数ヶ所に薬剤を注入します。柴田美容皮膚科クリニックでは、消毒に使用する器具や綿球もすべて滅菌を行っておりますので、ご安心ください。

シワに対するボトックスは、効き過ぎると落ち着くまで1ヶ月前後かかりますので、初回は効き過ぎないよう、量を少なめに注入します。

 

治療終了後

 


感染を避けるため、施術後3時間は注入部位を触らないようにし、当日のメイクは避けてください。

 

治療後の診察について


(院長よりメッセージ)
「当院は、安全で確実に効果を出せる治療法を開発し、みなさまに提供するための研究機関であると共に、一人ひとりに最適の治療を受けていただけるクリニックでありたいと考えています。特にシワに対するボトックスの場合は薬剤の効き方に個人差が大きく、効き過ぎると眉がつったり瞼が重くなったりする副作用も出ますので、初回は少なめに注入し、効きが悪ければ無料で追加する方法をとっております。ボトックスは通常2~3日から1週間前後で効果が現れ、再注入はアレルギーや抗体をできにくくするため2週間から3カ月の間はできるだけ避けていただきますので、注入後は10日から2週間の間診察にお越しください。ほどよく効いて満足いただけた場合でも、効果の出方を確認して次回の治療をより的確に行うため、治療の約2週間後に必ず診察にお越しください」
治療後の診察にお越しいただき、メイクを落としてカルテに残すための写真撮影をさせていただいた方には、化粧品のサンプルをプレゼントいたします。

治療のポイント

治療時間 約30分です(複数ヶ所注入される場合は、追加時間がかかります)。
痛み 注入時にチクッとする程度で、終了後、ほとんど痛みはありません。
腫れ ほとんど腫れません。
赤み・針あと ほとんど残りません。
内出血 目の周りや口周りで、まれに起こる事がありますが、極細針なので内出血の可能性は低く、内出血した場合でも1週間前後でひいてきます。内出血を起こした場合は当日の飲酒はおやめください。
翌日からメイクで隠せ、内出血を早くひかせるクリーム(サンプルサイズ:1,000円)やカバー力に優れたコンシーラー(2,500円)もご用意しております。
帰宅時 治療終了後3時間は、注射部位を触らないようにしてください。メイクはできませんので、帽子やメガネなどを持参ください。
入浴・洗顔 治療の3時間後から可能です。内出血を起こした場合は飲酒・長時間の入浴・サウナは避けてください。
夜のお手入れ 治療の3時間後から、いつもどおりの基礎化粧品をご使用いただけますが、酸などが入っている刺激の強い化粧品は使わないでください。痛みやピリピリ感が走った場合、洗い流してください。
翌日から いつもどおりのお手入れ、メイクをしていただけます。効果の出方には個人差がありますが、2~3日から1週間程度で現れます。つっぱった感じや重い感じがする事がありますが、通常1~2週間でおさまります。
副作用

注入部位の違和感や軽度の痛みが現れる場合がありますが、通常1~2週間でおさまります。少なめに注入してもまれに効き過ぎる場合もありますが、通常1ヶ月前後で緩和します。その他、下表を参照ください。

頭痛 ひどい頭痛
(3026例中3例=0.1%)
眉間 眉がつったり、瞼が重くなる事があります
(718例中1例=0.09%)
眉が部分的に上がったり下がったり、非対称になったり、眉が上がりにくくなったり、瞼が重くなったり、腫れぼったくなる事があります
(1051例中2例=0.1%)
目の周囲

物が二重に見えたり、微妙に焦点が合いにくくなる事があります
(1649例中1例=0.06%)

たるみが強い場合は目下のシワが改善した場合、まれにたるみが目立って見える事があります
(629例中5例=0.7%)

まれに笑いにくくなったり、目が閉じにくくなる事があります
(当院では0%)

禁忌事項 ボトックスアレルギーのある方、神経・筋肉に関係する病気をお持ちの方、肝炎・感染症・心臓病・腎臓病・糖尿病・重症の高血圧の方、抗凝固剤(血を固まりにくくするお薬)や抗鬱薬・抗てんかん薬などの向精神薬を飲まれている方、妊娠中・授乳中の方は治療を受けられません。注入後3ヶ月は念のため男女ともに避妊してください。)また、金の糸やスレッドリフトなどの異物が入った部位手術を受けられた部位付近には注射できません(異物が入っている部位に注射をし、万が一細菌が入って感染を起こすと非常に治り難いため)

料金

ボトックスビスタ 料金一覧 (初回1部位のみ正規料金の半額)

シワ用ボトックス
治療部位 金額
眉間・目尻・目の下 (1部位) 36,000円 →19,000円(キャンペーン)
目尻+目の下 72,000円→31,000円(キャンペーン)
46,000円→24,000円(キャンペーン)
40,000円→21,000円(キャンペーン)
口周り (口角・顎・上唇の上)
(1部位)
50,000円→ 29,000円 (キャンペーン)
2箇所以上の場合:23,000円
その他ボトックス療法
治療名 金額
アイリフトボトックス 80,000円→ 目の周りのカクテル注射と併用で60,000円
ボトックスリフト 80,000円→ 頬のカクテル注射と併用で60,000円
えらボトックス 64,000円 → キャンペーン 39,000円
脇汗 64,000円→ キャンペーン 49,000円
脇汗(重症) 100,000円→ キャンペーン 58,000円
毛穴ボトックス 鼻・眉間・両頬 各100,000円→ キャンペーン 各53,000円


*シワ用ボトックス・アイリフトボトックス:2週間以内の再注入無料

    脇汗ボトックス:2週間以内の再注入3万円

柴田美容皮膚科クリニックでは、抗体やアレルギーを出にくくするため、注入後2週間~3ヶ月の再注入はできるだけ避けていただいております。

ボトックスリフト・えらボトックス・毛穴ボトックスは、効果の出方の個人差や効き過ぎによる副作用が少ないため、 基本的には再注入は行っておりません。

 

Q&A

Q. ボトックスは、ボツリヌス菌の毒素って本当? 怖くないの?

A. ボトックスは、ボツリヌス菌から抽出したボツリヌス毒素Aの製剤です。ボツリヌス菌は食中毒の原因菌として知られていますが、治療に使用する量はごく微量ですので食中毒を起こす心配はありません。一時的に表情筋を麻痺させて表情筋に伴うシワを治療する薬剤として、全世界でも幅広く使用されています。顔の痙攣を治療する薬剤としては1996年から日本でも認承されており、ボトックスビスタは眉間のシワに対する治療薬として2009年に厚生労働省に認可された安全な薬剤です。

Q.ボトックスは、どうして表情ジワに効くの?

A. ボトックスは一時的に表情筋を麻痺させる薬剤なので、額や眉間・目尻などの表情筋に注射すると筋肉が動きにくくなるため、シワがよりにくくなります。筋肉は神経から信号が送られると動きますが、ボトックスは神経から筋肉に送られる信号を遮断するので、ボトックスを注射すると筋肉が麻痺するのです。

Q.どのくらい効果は続くの?

A. 効果の持続期間は個人差がありますが、3~6ヶ月と言われています。当院で行った場合の平均は5~7ヶ月です。

Q. ボトックスで筋肉が麻痺しても、戻ってくるのはどうして?

A. 神経は切断されても伸びるという性質を持っています。私も以前、神経縫合の手術をよくしていましたが、神経は一度切断されたり、先の方が働かなくなってもまた根本の方から伸びてくるのです。ですから、一度ボトックスで筋肉に信号を出せなくなった神経の枝があっても、根本の方から新しい枝が伸びてきて、また筋肉に信号を出せるようになります。神経の新しい枝が伸びて筋肉につながるのに3ヶ月から6ヶ月かかるので、ボトックスで筋肉が麻痺しても、3ヶ月から6ヶ月で戻ってくるというわけです

Q.注射にかかる時間はどれくらい? また当日お化粧はできますか?

A.施術時間は1~2部位であれば約30分程度です。当日はお化粧は避けていただきます。

Q. 注射は痛いの?

A. 当院では、極細の針で注入するため、それほどの痛みはありません。

Q. 副作用はないのですか? あれば、どんな副作用ですか?

A. 稀に次のような副作用が起こることがあります。

全身性のもの 吐き気・疲労感・湿疹・頭痛など。
局部性のもの 皮下出血:通常1週間前後でおさまります。注入部位の違和感や軽度の疼痛:通常1~2週間でおさまります。
※効き過ぎた場合 (通常1ヶ月前後で落ち着いてきます。)
眉間 眉の外側がつったり、ひどくなると瞼が重くなったり、さらに効き過ぎると眼が開きにくくなる場合があります。
眉がつったり、上げられなくなったり、部分的に上がったり下がったり非対称になることがあります。さらに効き過ぎると瞼が重くなって腫れぼったくなることがあります。
目の周囲 笑いにくくなったり、眼が閉じにくくなったり、ものが二重に見えたりすることがあります。目の下のたるみが強い場合はたるみが目立つことがあります。
口の周囲 口角が上下したり口唇が動かしにくくなったり、話しにくい感じがすることがあります。
しかし、額の場合は眉から1cm以上、目尻の場合も1.5cm以上離す事など、注射の方法で効き過ぎによる副作用は極力防げますし、もし効き過ぎて副作用が出ても通常1ヶ月前後で症状は治まってきます。そこがボトックスの良い点でもあります。また、皮内や皮下に注射すると筋肉に注射するよりも効き過ぎによる副作用は少なくなります。

Q. 友人がボトックスを打って表情がなくなったというのですが...?

A. 打つ部位が適切でなかったり薬剤の量が多すぎると表情が作りにくくなりますし、実際にそういう例も多く聞きます。顔の筋肉を麻痺させる薬剤ですので、打つ部位を間違えたり効き過ぎたりすると当然笑顔がなくなるなどの副作用をもたらすことがあり、誰にでも同じ量を注入するようなクリニックでは、効き易い方は効き過ぎる事が多くなります。当院では解剖学的見地から顔の筋肉の動きを研究し、どこに打てば最良の効果を得られるか十分なカウンセリングと検討を行いますので、安心してお受けいただけます。また当院ではシワ用のボトックスの場合、初回は少なめの量を注入して効きが悪ければ無料で追加注入しますので、効き過ぎて困る事はまずありません。

Q.友人が目の下のたるみに効くといっていましたが本当でしょうか?

A. 文献的な報告も少なく、行っているクリニック自体が少ないのですが、当院で行った結果、たるみの軽い方は改善する事が多いです。たるみの強い方はあまり内側に注入するとかえってたるみが目立つ場合があるので、目の下の内側に注入する事はお勧めではありません。

Q. 眉間のシワで悩んでいます。最も効果的な方法は?

A. 眉間のシワは、表情筋の収縮のために起こるので、表情筋の収縮を抑制するボトックスを筋肉に注射する方法が最も効果的です。表情に関係なく刻まれている程深いシワには、カクテル注射を併用した方がいい場合もありますので、一度カウンセリングにお越しください。

WEB予約