パントガール(髪のアンチエイジングサプリメント)

  

 

※最新情報コラムとは別に新ページとしてご活用いただけますと幸いです。

 

 パントガールでハリとコシのある艶髪に!

 

柴田美容皮膚科クリニックでは、かねてより

・白髪
・抜け毛

など髪の老化に対する予防や治療を手がけたいと考えていました。しかし男性の脱毛症に比べると白髪や女性の薄毛に対する研究は遅れており、研究を始めた当初は文献もほとんどないような状態でした。

その後白髪の原因が解明され始め、研究が進み出し、髪の老化に対するサプリメントにも臨床データが確認できるもの(パントガール)ができました。院長自ら取り寄せて試してみたところ効果が認められたため、2013年より当院でもパントガールを導入しています。

パントガールは下記成分を含むサプリメントで、毛髪の成長促進、構造損傷を改善します。

 

パントガールの成分

・硝酸チアミン (60mg)

ビタミンB1。糖の代謝を促進してエネルギーを産生し神経・筋肉などへエネルギーを供給してくれます。

・パントテン酸カルシウム(60mg)

脂肪の代謝や身体構成成分の合成と分解を促進し、毛髪・皮膚・神経組織を正常に保ちます。
副腎の機能を助け、副腎皮質ホルモン(抗ストレス作用)の合成を促してくれます。

・薬用酵母(100mg)

ビール酵母を洗浄・乾燥して薬用としたものです。ビタミン・たんぱく質・消化酵素などを含み、栄養補給や胃腸消化剤として使用されています。

・ケラチン(20mg)

毛髪や爪、皮膚の角質層を形成するタンパク質です。

・シスチン(20mg)

ケラチンを構成するアミノ酸で、毛髪・爪・皮膚などの主要成分です。

・P-アミノ安息香酸(20mg)

ビタミンB群の一種で、英語表記はPABA:Para-aminobenzoic Acidです。葉酸の形成を助け、パントテン酸、葉酸と一緒に摂ることで皮膚と毛髪を若々しく保ち、白くなりかかった髪の色を元に戻す作用があります。

パントガールは、女性に多いびまん性脱毛症(頭髪全体が薄くなる脱毛症)や毛髪構造損傷の改善だけではなく、毛髪や爪の質の改善に関する多くの臨床データが出ています。

 

「パントガールに関する臨床データこちら」

 

       
服用前   服用6週後
  服用3ヶ月後
服用前   服用後