レチノイン酸療法について

Q. アメリカで話題になった"レノバ"というクリームがありますが、それとレチノイン酸クリームは同じ成分ですか?シミに効果があるということですが、どのように効くのでしょうか? 

A. "レノバ"の有効成分はレチノイン酸です。レチノイン酸は皮膚表面の角質を剥離し、表皮の基底細胞の分裂を促してメラニン色素を押し出す力に優れているので、シミに大変効果的です。当クリニックでは、レノバより浸透性の良いジェル状のものを採用し、濃度も一人一人に合わせて調合しますので、より高い効果を実感していただけます。また、医療機関でしか扱えない濃度のハイドロキノン(メラニンの産生を抑える美白剤)を配合した美白クリームを併用することで、優れた効果を得ることができます。現在のところ、日本へのレノバの輸入販売は認められておりませんので、お試しになりたい方は一度ご来院下さい。

Q. 治療の過程で炎症を起こしたり、皮がむけるとありますが、どの程度のものなのでしょうか? 

A. 炎症や皮膚の剥離には、個人差がございます。通常はレチノイン酸クリームを塗っている部分が少し赤くなり、ぽろぽろと皮膚がむけますが、お化粧で隠れる程度です。赤味は使い続けていただくうちにおさまってくることが多く、まれに赤くならずにシミが薄くなる方もおられます。レチノイン酸の濃度や使用回数によって剥離の程度は調節できますので、週に1回は診察に来て頂いて、少し赤くなる程度に調節します。効果は世界的に実証されていますので、シミにより高い効果を求められる方にお勧めです。