メソリフト・メソカクテル注射について

Q. メソリフト・メソカクテル注射というのはどんな治療ですか?

A. メソリフトは顔や首の皮膚に細い針で細かく穴をあけ、傷を治す力を利用して細胞を活性化し、同時にビタミン・プラセンタ・αリポ酸などの有効成分と血行を良くする薬剤を浸透させることでコラーゲンを増やし、ハリを与えキメを整える治療法です。メソカクテル注射は特に気になる目元や口元のクマやシワに、メソリフトに使う薬剤を浅く注射する方法です。
詳しくはこちら→

Q. 何に効果がありますか?

A. メソリフトは全体的に自然なハリが出ますのでお顔や首全体のたるみに効果があります。他にもくすみが取れて色が白くなる・キメが細かくなって化粧のりが良くなる・毛穴が改善し、化粧崩れしにくくなる・ハリが出てリフトアップする・こけていた頬がふっくらして若返る等さまざまな効果が得られます。詳しくは統計結果を載せておりますのでご覧ください。(統計結果はこちら→
目元や口元など部分的にたるみが強く、シワやクマも気になる方にはメソリフトにメソカクテル注射を組み合わせたメソリフトAかエセリスカクテル注射(メソカクテル注射にヒアルロン酸を混ぜてふっくらさせる注射)の併用がお勧めです。メソカクテル注射は目の下や口元のシワやたるみに即効性があり、血行不良によるクマにも効果的です。エセリスカクテル注射はメソカクテル注射よりも即効性があります。

Q. 何回くらいすると効果が分かりますか?

A. 1回でも効果を感じられる方がほとんどですが、最初は1週間から2週間に1回のペースで3回から5回受けられた方が確実に効果を感じて頂けますので、できるだけ続けて受けてください。

Q. どのくらい効果が持続しますか?

A. 1クールして頂いてお肌の様子が落ち着かれた後、そのまま何もせずに放っておくと必ずお肌の老化は進むものですので、効果が得られた後は3~6ヶ月に1回程度のメンテナンスをされると若さが維持できます。

Q. 痛いのですか?

A. 極細の針を刺すので多少の痛みはあるため、麻酔をご用意しております。麻酔中にお顔にテスト用の針を軽くあて、麻酔の効き具合を確認します。麻酔の効いてくる時間は個人差がありますのでテストを何度か繰り返し、麻酔が良く効いているのを確認して施術をスタートします。2009年7月の新麻酔発売以降は痛みが大幅に軽減し、痛みの10段階評価の平均は旧麻酔5.7に対して新麻酔は3.3でした。特に旧麻酔と新麻酔両方で受けられた方は新麻酔での痛みの軽減が顕著でした。(詳しくは2008年以降の統計表をご覧ください。)

痛みの改善

旧麻酔 新麻酔
平均5.7 平均3.3
新旧両:旧=4.8 新=2
0:なかった
1~2:わずかにあった
3~4:少しあった
5:まあまあ

6~7:かなりあった
8~9:ひどかった
10:耐えられない

Q. すぐにお化粧などできますか?

A. すぐにはできません。針穴からの感染を防ぐため、施術後約4時間程はお顔を触らないようにしていただきます。その後は洗顔料なしでの洗顔は可能です。お化粧は翌日から可能です。

Q. 施術後腫れや赤味はありますか?

A. 個人差がありますが、直後は多少の赤味は出ますがほとんどの方は当日引かれます。針跡は通常3‐4日以内、内出血は1‐2週間でおさまります。翌日からはお化粧で隠していただけます。メソカクテル注射やエセリスカクテル注射を目の下にされた場合は当日は腫れますが、翌日は人から見るとほとんどわからない位に引きます。4‐5日かさついたりポロポロと薄皮がむけることがありますが、その後ツルツルになりますので、無理にむかないようにしてください。