院長よりご挨拶

     

「現代に必要な医療とは」の答えを探し続け…

はじめまして。柴田美容皮膚科クリニックの院長・柴田です。はじめに自己紹介をさせてください。

私は、医大を卒業後、勤務医として15年以上、各地の病院で臨床や手術を経験しました。

所属した整形外科では、手の外科手術を専門とし、特に「TFCC(三角線維軟骨複合体=手関節の軟骨)」の新しい手術方法の開発に取り組みました。

当時TFCC損傷の治療は新しく、詳しい医師はほとんどいませんでした。

手首の痛みで病院へ行っても原因が分からなかったり、問題にされなかったりで「なかなか治らない」と私のところに診察に来られる方が多かったのです。

そういった患者様への治療を繰り返すうち、現代社会には「ちょっとした不調」を治す医療機関が不足していると思い始めました。

ここから、現代に必要な医療の探求が始まりました。そして、出会い、目指したのが「美容生活医療」でした。

美容生活医療に挑戦するため、初めての独立


美容生活医療は、ちょっとした不調(重い病気ではないものの、体やお肌の不調)でお悩みの方々の

・元気になりたい
・きれいになりたい

という願いを叶え、日常生活を豊かにするための医療です。

2002年、「美容生活医療」という新分野に挑戦するため「異人館通クリニック」を開院いたしました。

異人館通クリニックから柴田美容皮膚科クリニックへ

開業当時、病院では重い病気やケガを治す事に重点が置かれ、体やお肌のちょっとした不調は、ないがしろにされがちでした。

軽い体調不良でお悩みの方や、「手術まではしたくない。けど、きれいになりたい」と思っている方が相談できる医療機関はあまりなかったのです。

こうして異人館通クリニックはスタートしましたが、当時の美容医療界は、治療効果や安全性を追求し、検証してから導入するようなクリニックは非常に少なかったため

・効果と安全性の検証
・適正な治療のための研究

の重要性をもっと訴えなければ…という思いが強くなっていきました。

時代の流れと共に、私たちが医療の真髄と考える

・治療効果と安全性の追求

という概念は逆に薄れてきていると感じる事も多くなりました。

そこで、2008年4月末をもって異人館通クリニックを閉院し、柴田美容皮膚科クリニックを開院いたしました。

シミやシワ治療について研究の日々


柴田美容皮膚科クリニックでは、院長・スタッフ共に日進月歩の医療情報を活かしつつ、シミ・シワ治療の研究に励んでいます。

これからも、患者様のため、社会のために役立つクリニックを目指し、初心と情熱を忘れずに邁進いたします。

 

院長のプロフィール

柴田 節子 (しばた せつこ)


・医学博士


日本整形外科学会 認定医
日本形成外科学会 正会員
日本美容皮膚科学会 正会員
日本抗加齢学会 正会員
日本美容外科学会(JSAPS) 正会員

 

・1959年6月22日生まれ 
・大阪府池田市出身
・大阪教育大学附属池田高校卒業
・京都府立医科大学卒業

 

得意分野

PRP注入療法


PRP注入療法(自己血小板を利用してシワやたるみを治療する方法)の研究。多くの学会でも紹介される。特に高濃度PRP作製方法に関しては学会や研究会より講演の依頼を受ける。

2010年、高濃度PRP作製用の新しいキットの開発依頼を受け、PRPを初めて美容医療に用いた久保田潤一郎医師、松田秀則医師と共に共同研究を行った。

手の外科手術


勤務医時代は整形外科医として学会発表や研究論文発表などを精力的にこなす。特に手の神経縫合・手関節鏡・TFCCに関する手術100例近い実績保有。

 

略歴

 

「社会保険神戸中央病院」「松下記念病院」「済生会吹田病院」などの勤務を経て「神戸海岸病院」整形外科部長。

整形外科医として臨床・研究中に標榜科にとらわれない新しい形の診療を目指すようになり、総合診療に必要な皮膚科・アレルギー科・内科・美容外科など各分野の修練も行う。その後、独立。

 

経歴

 

1986年 京都府立医科大学卒業 同大学附属病院勤務
1987年 社会保険神戸中央病院 勤務
1990年 松下記念病院 勤務
1993年 医学博士・整形外科認定医取得 来須奨学基金優秀論文賞受賞
1994年 済生会吹田病院 勤務
1999年 神戸海岸病院 勤務
2000年 神戸海岸病院 整形外科部長
2002年 異人館通クリニック開院
2008年 異人館通クリニック閉院・柴田美容皮膚科クリニック開院

研究・学会活動

 

・1994年よりTFCCの臨床・研究を始め、
・1997~2003年 日本手の外科学会
・1998年 国際手の外科学会(バンクーバー)
・1999年 アメリカ手の外科学会(ボストン)
・2000年 日米手の外科学会(ハワイ)
・2001・2002年 最小侵襲整形外科学会
 などで発表。TFCC損傷の診断や治療・特にTFCC縫合術においては第一人者とされた。

・1999年日本手の外科学会にて学会長より感謝状授与。
・2000年日本手の外科学会で発表したビデオ「TFCC鏡視下縫合術の実際」は最先端の治療として話題になり、医師会や各種学校からも多数講演を依頼された。

・2005年~ メソセラピー(脂肪溶解注射)の研究
・2006年 皮膚のコラーゲンを増やしてシワ・たるみ・クマを改善するメソリフト・カクテル注射を開発
・2007年~ PRP注入療法の研究
・2010年4月 「PRPの血小板濃度とその臨床効果について」講演(ACR研究会)
・2010年8月 「PRP注入療法の臨床効果を左右する要因について」講演(ACR研究会)
・2010年10月  「PRP注入療法の臨床効果を左右する要因に関する考察」講演(日本美容外科学会) (日本美容外科学会(JSAPS)会長・亀井先生よりPRPに関するパネルディスカッションに招待いただきました。)
・2011年5月 「高濃度PRP注入システムによるシワ・クマ・たるみの改善に関する報告」発表(抗加齢医学会)
・2013年1月 「高濃度PRP注入療法について」講演(日本美容外科学会学術集会)
(日本美容外科学会(JSAPS)会長・吉本教授からPRPに関するパネルディスカッションにおいてパネリスト登壇の依頼をいただきました。)

著作

 

1993年 京都府立医大雑誌
「末梢神経自家移植術後の微細血管構築に関する実験的研究」

2001年 整形災害外科
「TFCC損傷による手関節痛の診断と治療」

2004年 整形外科最小侵襲手術ジャーナル
「TFCC損傷の鏡視下縫合術」

2004年 新OS NOW No.21/スポーツ整形外科の手術 
「手関節の手術/TFCC損傷」

など