メディア取材

VERY 2012年9月号

当クリニックが、VERY 2012年9月号特別付録の『読者の肌自慢SNAP!』というコーナーにて紹介されました。

以下、記事本文です。

【新レチノイン酸療法であきらめていたクマの除去に成功】
嵜本亜紀様(31歳) 大阪市浪速区在住
あらゆる美容法や治療をしても改善できなかったメークオフ後のひどいクマ。それがこの治療法は効果
テキメン。スッピンになるのが楽しみになりました。

VERY 2012年9月号特別付録 p.6 (株式会社光文社)


★嵜本亜紀様のオススメ治療「新レチノイン酸療法」についてはこちらをクリック!

HARRYSはりまグルメ 2012年9月号

当クリニックが、HARRYSはりまグルメ 2012年9月号の『夏の日差しは危険信号!「紫外線」対策』というコーナーにて紹介されました。

以下、記事本文です。

【皮膚科医から学ぶ紫外線対策】
紫外線の皮膚への影響を教えて
紫外線が皮膚に当たると、皮膚の大部分を占める角化細胞がメラニンが産生されます。一時的な日焼けであれば産生されたメラニンは数ヶ月で排出されますが、紫外線を浴び続けると角化細胞の遺伝子に変異が生じ、たえずメラニンが過剰に作り出されてシミになってしまうのです。また紫外線は、真皮のコラーゲンやエラスチンとい皮膚の弾力を保つ線維を傷つけ、シワやたるみを作ってしまいます。紫外線によって発生する活性酸素は細胞や遺伝子を傷つけ、シミやシワの原因になるだけでなく、遺伝子の傷は皮膚癌の原因にもなるのです。紫外線を吸収するオゾン層の破壊は南半球で進んでいるため皮膚癌の多いオーストラリアでは、皮膚癌予防の紫外線対策が徹底され、子供にも長袖・帽子・日焼け止めの使用が指導されています。日本でも母子健康手帳から日光浴の勧めは1998年に消え、紫外線の悪影響から体やお肌を守ろうとい方向です。健康で綺麗なお肌を保つためには、紫外線対策は万全にしてくださいね。

先生教えて!
Q1.浴びてしまった紫外線の対策方法はありますか?
紫外線を浴びてしまったら、いかに活性酸素の発現を抑えるかがポイント。炎症を起こしていればまず冷やし、ビタミンC・E・Aをたくさんとりましょう。オリーブオイルや刺激の少ないビタミンCを塗るのも良い方法です。

Q2.しみ・そばかす対策はどしたらいいですか?
手近なところではビタミンCが豊富な野菜や果物をたっぷり摂ったり糖袋で肌を磨いたりするのがお勧めですが、重症の場合は専門医でトレチノインの処方やプラセンタの点滴などを受けられる事をお勧めします。

Q3.日々のケア方法を教えてください!
日中は必ず日焼け止めを塗り、外出時は日傘や帽子などで紫外線を防御した上、日陰を選んで歩きましょう。10時~14時の紫外線の強い時間帯は外出を避け、下記のような抗酸化物資が豊富な食物を摂る事も大切です。

Q4.美白にオススメの食材はどんな食べ物ですか?
ビタミンCの豊富なアセロラやグアバ・柑橘系の果物や葉物野菜、ビタミンAの豊富な緑黄色野菜やレバー、ビタミンEの豊富なナッツ・植物油・青魚やかぼちゃ、抗酸化作用の強いターメリックや紅茶などがお勧め。

HARRYSはりまグルメ 2012年9月号 p.11 (株式会社インデックス)

Hanako WEST Beauty Special

当クリニックの基礎化粧品セット(Neigeシリーズ)が、Hanako WEST Beauty Special『関西生まれの情熱コスメ』というコーナーにて紹介されました。

以下、記事本文です。

【関西生まれの情熱コスメ】
柴田美容皮膚科クリニックの「Dr.Shibata Neige」
雪のように白く透き通った素肌を追求。
シミ・シワ・たるみが気になる人に好評のNeigeシリーズ。L(化粧水)とE(美容液)には美白・保湿・抗酸化・活性化作用に優れた天然植物抽出エキス、さらにEにはビタミンEも、そしてH(洗顔料)とU(日焼け止め)にも植物抽出エキスを配合。LやEを使う時に、ハリのある白い肌に必須のビタミンCを粉末にしたCを溶かす事で、より一層の効果を発揮しやすいように。特にEにCをブレンドしてのイオン導入の威力は驚異的!左から、Neige de H 50ml 2,625、Neige de L 50ml 3,150、Neige de C 10g 2,625、Neige de E 20ml 3,675、Neige de U 20ml 3,675(柴田美容皮膚科クリニック℡078-325-2877)

Hanako WEST Beauty Special p.29 (マガジンハウス出版)

Hanako 2008年07月号

当クリニックが、Hanako 2008年07月号の『クリニック発! アンチエイジングを語る5つのキーワード』というコーナーにて紹介されました。

以下、記事本文です。

【シミ・シワ治療の最先端クリニック】
シミ・シワを知り尽くした医院が登場!
肌悩みの筆頭、シミとシワに特化した専門クリニックが誕生。旧『異人館通クリニック』が『柴田シミ・シワ専門クリニック』として装いも新たに移転リニューアルし、シミ・シワに対して長年の研究を重ねてきた柴田先生の研究室ともいうべきクリニックに。また、「当院では安全性を重視するため、手術やレーザー治療を一切行いません」というこだわりも。
数ある治療メニューの中でも特に力を入れているのが、PRP療法。自分の血液から抽出した血小板を、シワやたるみの気になる部分に注入し、修復する最新医療だ。「独自の技術で通常より高濃度の血小板が注入できるため、効果が高いんです」。
シミにはレチノイン酸で表皮を剥離する治療がおすすめ。

独自のPRP療法を実施。
血液を遠心分離機にかけ濃縮した血小板をシワやたるみに注入。
効果を左右する血小板の濃度や白血球の数などが他とは違う。

 

Hanako 2008年07月号 p.33 (マガジンハウス出版)