第144回 (2015年3月) 「進化するバレンタインデー」

  

こんにちは! 柴田美容皮膚科クリニックの柴田です。まだまだ寒い日が続きますが、陽射しには少し明るい春の兆しが感じられてきましたね。皆様はいかがお過ごしでしょうか? 2月と言えばバレンタイン。もう日本では、チョコレート商戦に乗せられて建国記念日よりも有名な日になってしまったのではないでしょうか…。かなり以前ですが、海外で学会があった時にバレンタインデーと重なったので、現地でチョコレート買わなきゃ…と思って探したのですがバレンタイン仕様のチョコがありません。現地の人に聞くと「何?それ? バレンタインデーは大抵、男が女の子にプレゼント贈るんだよ。日本では女の子が好きな男にチョコレート贈るの? へぇ…それはいいね。僕も今日だけ日本人になるからチョコ頂戴!!」ってからかわれた事があります。私は中学生の時に「昔のヨーロッパでは愛の告白は男性からしかできなかったんだけど、年に一度、2月14日だけは女性から好きな男性に告白してもいい日になってて、好きな人にチョコレートを贈って告白するんだよ…」ってちょっとおませな友達に教えられ、それをそのまま信じていました。「へぇ…そうなんだぁ…ヨーロッパではそうなのかぁ…」と感心してたんですが、まぁその頃はインターネットもない時代ですし、ヨーロッパはおろか東京の情報だってまともには分かりません。パリのうら若き女性が手作りチョコレートを小さなバスケットに入れて石畳を歩いて行き、男性の家の前で「どうしよう…?」ってモジモジしているところなんかを一人で想像していたものです…^^;)。まぁ…今考えればあの「おませな」友達も私も、見事に日本のチョコレート業界にしてやられただけだったんでしょうけど。人間はいつの時代も「そうあって欲しい」と思う事は事実であるかどうかに関係なく容易に信じるって事なんでしょうね。

話は戻りますが、昔はバレンタインと言えば彼氏に気合の入ったチョコやプレゼント・・・っていうのが多かった気がしますが、今は季節の挨拶のような気がするのは私が年をとったからでしょうか? なんとなく、社会の流れがそうなってきているような気もするのですが・・・。コロコロS君じゃないけど、バレンタインの季節にはクリニックにも患者様から気の利いた贈り物をいただくことがよくあります。美味しいものをいただくと(T様にいただいたかりんと饅頭やF様にいただいた昆布茶など・・・)食いしん坊のスタッフ達の間で奪い合いになってホント大変なんです・・・^^;)。今年のバレンタインのプレゼントで驚いたのはK様からいただいた「かきたねキッチン」。なんとあの柿の種がお洒落なパッケージに収まり、チーズ味や抹茶味、イチゴ味まであるではないですか! あまりにも美味しくて、またまたスタッフ間で奪い合い。「持って帰ってもいいですか?」なんて言う奴まで出てくる始末です・・・。私も柿の種はピーナツと一緒になった普通のあられタイプしか知らなかったのでびっくり。柿の種と言えば先月号に登場した私の母の大好物で、母が柿の種をはじめとするおかきやピーナツを食べ過ぎて成人病の宝庫になったせいか私はそのたぐいがあまり好きではなくて、自分で買う事はありませんでした。ところがK様にいただいた「かきたねキッチン」はあまりにもお洒落で美味しかったので、取り寄せてみようとネットで調べたら、たどり着いたメーカーさんのホームページを見て驚きました。

なんと、元々は「あられ」屋さんなんですね。あられがこんなにお洒落に進化できるものだったとは!「かきたねキッチン」は柿の種の進化版で、かわいいキューブ型のパッケージがあり、チーズ味の他にも山葵・海鮮塩だれ・じゃがバター・キャラメルラテ味まであります。合わせるナッツもピーナツだけではなくてカシューナッツやアーモンド、ジャイアントコーンなど。バレンタイン仕様となるとパッケージはさらにお洒落になってミルクショコラやレモンソルトショコラ・ポルチーニクリーム味まで登場し、ナッツの代わりにアーモンドチョコが入ったものなども。ホームページを読み進むと他のあられもスタイリッシュに進化していて、スパークリングワイン味のものまであります。なんと現代人の好みの変化に柔軟に対応している事か。(ちなみに私はこのメーカーさんの回し者ではありません・・・^^;)。単純に美味しかったのと、あまりにも現代風に進化した「柿の種」に感服しちゃったんです。)

やっぱり潰れない会社って時代の流れや変化を敏感に察知し、それに順応して進化している会社なんですね。このメーカーさんも過去の「あられ」の成功にあぐらをかいていたら今の進化はなかったんだろうと思います。「守株待兔」に甘んじる事なく、常に時代の変化に対して果敢にチャレンジしていく事でこのような地位を維持できるんだなぁ・・・と感心しました。当院も、「久しぶりにホームページを見たらすごく進化しててびっくりした!」と言われるようにならなければ・・・と思い、さらに研究に励んで新しい治療を開発し、進化しなければと思った次第です。

 

新たな治療と言えば手前味噌で恐縮ですが、先日メニュー化した輪郭注射はお陰様で大人気です・・・(^^)。輪郭注射はフェイスラインや二重顎の脂肪を減らして引き締め効果もある注射なんですが、何と言っても患者様の満足度が高いんですねぇ。誰から見てもフェイスラインがスッキリした!という方はもちろん満足度は高いんですが、こちらから見るとなんとなくスッキリされたけど劇的な変化ではないなと思う方でも、「すごくスッキリしました!」と喜ばれる方が多いんです。人から見るより自分で見た時の方が分かり易い変化なのかもしれませんね。「お友達がすごく満足してたので・・・」と言って来てくださる方もおられ、「他の部位にもしたい」と何度も来てくださる方も・・・。以前の脂肪を減らすメソセラピーに比べて腫れや痛みが格段に少ないのも、気軽に受けられる人気の秘密かもしれません。メソセラピーは注射後ジンジン痛いだけでなく、当日より翌日もっと腫れ、頬に打つと「顔が四角になった」という方や「2週間腫れた」という方もおられましたから・・・。(当院でもモニターになったコロコロS君やポチャポチャNちゃんも、丸い顔が注射の翌日は見事に四角になってました。)輪郭注射は予約が一杯で2月中のスタートキャンペーンを受けられない方も出てきたため、3月も引き続きキャンペーンを行う事になりました。・・・ちょっと宣伝モードになってしまったのですが、ここ最近で一番嬉しい出来事でした。

毎年この季節になると大丸のバレンタインデーチョコの特設コーナーにも行くのですが、もうため息のでるようなチョコばかりですね。本当に芸術品と言ってもいいのではないかというような美しいものもあります。最近流行りのマカロンも、バレンタイン限定のチョコレート仕様のものも出ていました。日本のバレンタインデーはチョコレート業界の陰謀で世界的にはちょっと外れた方向で進化したようですが、その環境の中で世界一と言ってもいいような美しいチョコレートを生み出す力を持っているのも日本の良さなのかもしれません。今日は頑張った自分へのご褒美にちょっと高級なチョコマカロンを食べて、また明日から頑張ります!